RECRUIT 2023

人を知る M.Shibata

新卒採用 / 2017年入社

工事部 - 工務係 - 事務員

入社のきっかけを教えてください。

もともと職種としては営業や接客の仕事を志望し、一緒に働く「人」や「社風」を重視して、就職活動を行っていました。瀬戸市の就職フェアに参加した際に、たまたま見つけた加藤工務店の人事担当者の第一印象がとても良くて、興味を持ちました。当初は、加藤工務店が土木施工会社であることさえ知りませんでしたが、話を聞くうちに、私も瀬戸市民として地元に貢献できる仕事に就きたいという気持ちが強くなって……。会社のFacebookを見ると、地域貢献で芋堀体験会を行ったり、社員で駅伝大会に出場したりしていて、みんなで何かに取り組んでいる姿も魅力的に感じました。最終的には、説明会の時に話をした担当者の印象が忘れられず、「この人たちと一緒に働きたい!」と思ったことが決め手でした。
入社したばかりの時は、第一印象が怖い人も中にはいましたが、全員で新人の私を気にかけてくれて、すぐに慣れることができました。

入社して成長したと感じる部分はどこですか?

工事部をサポートする事務業務や決算業務を任されていましたが、ただ言われたように作業しているだけで、その中身まできちんと把握できていなかったかもしれません。それでも何年と繰り返すうちに業務の意味・重要性をしっかりと理解できるようになりました。現場監督として新人が入ってきたら、工事日報や受注報告書など、事務書類の作成を完璧にサポートします!

M.Shibata

加藤工務店の良いところはどこだと思いますか?

自分のためではなく、人のために動けるチームワーク力です。困っている仲間がいれば、全員で助ける!緊急の連絡が入れば、スムーズに全員で対応する!上司・先輩の仲が良いので、ここまで年齢問わず意見交換できる会社は、他に無いと思います。入社直後は緊張ばかりしていた私ですが、アットホームな環境、優しい上司・先輩のサポートがあったからこそ、ここまでこれたのだと思います。

社内はどのような雰囲気ですか?

みんな優しくて明るい人たちの集まりです。どんな時もウェルカムな姿勢は変わらないので、分からないことや質問があっても気軽に相談がしやすい環境です。話すことが好きな人が多いため、夕方になると一気に社内がにぎやかになり、あちらこちらで笑い声が生まれています!私が入社した時に比べると、職場がどんどん賑やかになっている気がします。オンとオフの切り替えをしっかりしていて、仕事になると真剣なところとのギャップもまたいいですね。
また、監督さんによっては、自分でやり切るのが好きな人がいたり、他人に仕事を任せるのが好きな人がいたり、それぞれキャラクターが全然違っていて、個性豊かな点もおもしろいです。
加藤工務店には、駅伝大会、慰安旅行、餅つき大会など、社内イベントが目白押しです。駅伝大会は、社内でチームを組んで参加しているため大会が近づくと、仕事終わりにマラソンの練習をすることも。良い意味で友人に驚かれます。(笑)

M.Shibata

これから先、どんな会社になってほしいですか?

人が増えていくと、仕事がもっと楽しくなっていくのではないかと思っています。現場監督も直営も、新卒でも中途でも、仲間を増やしていきたいです。以前、会社が合同企業説明会に参加した際に、その手伝いをしました。人と関わることが大好きな私にとって、とても楽しい経験でした。私は事務職ですが、そういった採用活動も積極的に関わっていきたいと思っています。

求職者の方に一言お願いします!

会社を選ぶ際に「人」や「社風」を大切にしている方や、「地元に貢献したい」と考えている方は、加藤工務店に向いていると思います。来年は加藤工務店のメンバーとして、一緒に駅伝走りましょう!

あなたのエントリーを、
待っています。

We are waiting for your entry.